MENU

アイフルで増額したい!審査に通るためのコツとは?

アイフルの増額

アイフルで借入をしている人で、増額を検討中の人はいますか?
増額してもらえば今以上のお金を借りることができるので、急な出費の時でも安心です。
しかしアイフルで増額する際は審査があります。
その審査に受からなければ増額はしてもらえないので、再度審査を受ける必要があるのです。
当サイトでは増額の審査に受かるためのポイントなどを紹介しています。
今後増額する機会のある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

アイフルで増額できなかった時に利用したいキャッシングランキング

アイフルの増額1位アコム

即日融資のアコム

即日融資可能な大手キャッシングと言えばアコム!

アイフルで増額できなかったけど急いでお金が欲しい時も、即日融資のアコムならすぐに借りることができます。
即日融資を希望する場合はなるべく早い時間にネット申し込みを利用しましょう!
平日の指定時間に間に合えばその日のうちに融資してくれますよ。
初めての利用なら30日間金利が無料になるので、初めての消費者金融でも安心して利用できますね。

 

アコムのおすすめポイント!

  • 急いでお金が欲しい時も即日融資で安心
  • アコムでの利用が初めてなら30日間金利が無料に!
  • 24時間受付のネット申込みが便利!

 

>>アコム公式サイトはこちら!

アイフルの増額2位アイフル

アイフル アイフルなら、最短30分で審査が終わる、スピード審査!即日融資も可能です。

来店不要なので、お仕事で昼間時間が取れないという方もご利用ができます!
また、女性専用の商品もあり、女性の方も安心して借入ができます。

 

アイフルのおすすめポイント

  • お近くのATMで返済可能!
  • 30分のスピード審査!
  • 女性専用カード有!

 

>>アイフル公式サイトはこちら!

アイフルの利用限度額を増額したい!

増額審査

現在、アイフルのお借入れが限度額ぎりぎり、できればもう少し増額したい、なんて方も少なくはありません。

ではどうやって増額申請をするのでしょうか。

 

アイフルではネット申し込みや店頭窓口、自動契約機、会員専用ダイヤルでの申し込みが可能。
女性は女性専用ダイヤルが用意されています。

 

アイフルに限らず、どんな消費者金融でも初めてのキャッシングの際には審査がありますよね。
職種や年収、年齢などから融資額が決まります。
最初に審査が通ればその後はほとんど審査もないのですが、増額を申し込むときは再度審査が必要となり
即日融資可能な場合と融資までに時間がかかる場合、または増額が断られてしまうことがあります。

 

審査内容とは

増額申請をする前には必ずご自身で

過去の返済履歴を確認し最低でも半年以上滞ることなく返済をしているかをご確認ください。
どこの消費者金融でも増額申請の際過去の返済履歴を確認し、滞りなく返済しているかどうかが見られます。
ほかにも審査の基準はありますが、きちんと毎月決められた日に返済していない人は増額申請をしても審査に通らないことがありますのでご注意を。
また、増額の希望額によっては職場への在籍確認の連絡があったり
源泉徴収票や給与・賞与明細の提出が必要になることもあるので念のために用意しておくことをおすすめします。

増額審査の前に!審査に通るポイント

審査に通るコツ

アイフルで
「増額審査を申し込んだか断られた」
「増額を申請する前になにか準備した方が良いものはある?」
という方も少なくはありませんよね。
今回は増額のための準備や審査に通るポイントをご紹介!
アイフルだけではなく他の消費者金融でも同じような条件になりますので他社を利用中の方もアイフルだけを利用しているという方も必見です!

 

●ご自身の利用履歴を確認!最低でも半年以上の返済実績が必要です●
どこの消費者金融も返済実績がなければ増額はできません。
増額申請の前に必ずご自身の返済実績を確認、最低でも半年以上は返済実績が必要なのでご注意を。
わからない、という方はコールセンターなどに問い合わせてみるのが良いでしょう。

 

他社借入があればだめ?

●他社借入件数●

アイフルで契約しコツコツまじめに返済をしていても、他社からの借入があると増額審査に通らないことがあります。
また利用していなくても他社の審査に通りカードを作っただけでもアイフルの増額審査に通らなくなる可能性もありますので
他社から借りている場合は増額申請はしないようにしましょう。

 

●申告漏れや必要書類●
増額の申請をする前にはご自身の情報に変更がないか確認しましょう。
住所や勤務先、保険の種類など、変更があれば増額の申請の前にまずは変更のお手続きを。
また増額の審査の際には収入証明の提出が必要になることがあります。
源泉徴収票や給与明細、所得証明書など収入証明書になるものを1点以上用意しておくと安心です。

 

●総量規制●
貸金業法が改定され、年収の3分の1以上の借入はできなくなりました。
現在の借入額(他社からの借入も含む)が年収の3分の1以上になっていれば増額申請をしても限度額が上がることはありません。

 

≫ランキングに戻る!